English
 医学部 医学科
 化学
 
教授
酒井   宏水
Sakai Hiromi


個人ウェブサイトはこちら

職歴
1994/04/01-1996/05/31  日本学術振興会 特別研究員 
1994/04/01-1999/03/31  早稲田大学理工学総合研究センター・研究員 
1996/06/01-1998/04  日本学術振興会・海外特別研究員(カリフォルニア大学サンディエゴ校 バイオエンジニアリング部門、医学部) 
1999/04/01-2003/09/30  早稲田大学理工学総合研究センター・客員講師(専任扱い) 
2002/04/01-2012/03/31  慶應義塾大学総合医科学研究センター・訪問講師、訪問准教授 
2003/10/01-2007/03/31  早稲田大学理工学総合研究センター・客員助教授(専任扱い) 
2007/04/01-2010/03/31  早稲田大学理工学術院総合研究所 理工学研究所・客員准教授(専任扱い) 
2009/09/15-2013/03/31  早稲田バイオサイエンスシンガポール研究所・主任研究員 
2011/10/01-2012/03/31  早稲田大学重点領域研究機構・主任研究員(研究院准教授) 
2012/04/01-2013/03/31  早稲田大学重点領域研究機構・上級研究員(研究院教授) 
2013/04/01-2014/03/31  早稲田大学重点領域研究機構・客員上級研究員(研究院客員教授) 
2013/04/01-現在  奈良県立医科大学医学部化学教室・教授 

出身大学院
早稲田大学  博士  理工学研究科  高分子化学  1994/03/31  修了  国内   
慶應義塾大学  博士  医学研究科    2006/10  その他  国内   

出身学校
早稲田大学  理工学部  応用化学科  1989/03/31  卒業  国内   

研究分野
医用生体工学・生体材料学 
ナノ材料・ナノバイオサイエンス 

キーワード
人工赤血球、血液代替物、ヘモグロビン、ヘム蛋白質 レドックス、リポソーム、ドラッグデリバリー、体内組織への酸素輸送、ヘモレオロジー、微小循環動態観測、人工臓器、バイオマテリアル 

研究テーマ
人工赤血球(ヘモグロビン小胞体)製剤の実用化を目指す研究  輸血代替、酸素治療、製造法、安全性・有効性試験  2015-2017  日本医療研究開発機構研究費(臨床研究・治験推進研究事業)を受けて実施している。

共同・受託研究希望テーマ
人工赤血球の新しい利用法に関する研究    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究   
リポソーム製剤の設計、調製と体内機能評価    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究   
詳細表示...

研究費
酸化ストレスに対する防御機能を有する人工赤血球製剤の創製と体内評価(代表)  2017-2019  科学研究費  基盤研究(B)一般  科学研究費補助金   
備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の実用化を目指す研究(代表)  2015-2017  その他  その他  日本医療研究開発機構(AMED)研究費   
リポソーム投与により誘導されるMDSC様細胞の機能発現に関わる分子基盤の解明 (分担、代表者:東 寛)  2013-2015  科学研究費  基盤研究(C)一般  科学研究費補助金   
人工赤血球の酸素運搬機能時間を体内電子供与系の活用により飛躍的に延長させる(代表)  2013-2015  科学研究費  基盤研究(B)一般  科学研究費補助金   
人工血液カクテルによる胎児慢性低酸素症の治療法開発(分担、代表者:李コウ)  2012-2014  科学研究費  基盤研究(C)一般  科学研究費補助金   
詳細表示...

著書
ハーパー・生化学 (原書30版) (翻訳)  2016/11/30  丸善  53章(799-811)  清水孝雄(監訳)     
(第6章) 人工赤血球による生体組織への酸素輸送. 「全人力・科学力・透析力に基づく透析医学」平方秀樹 監修  2014/05  医薬ジャーナル社  369-373  酒井宏水     
(Chapter 39) International Consortium for Development of Hemoglobin-Based Oxygen Carriers, Oxygen Therapeutics and Multifunctional Resuscitation Fluids–A White Paper. In: Hemoglobin-Based Oxygen Carriers as Red Cell Substitutes and Oxygen Therapeutics (Editors, Hae Won Kim・A. Gerson Greenburg)  2013/12  Springer  737-746  Hae Won Kim, Jonathan S Jahr, Andrea Mozzarelli and Hiromi Sakai     
(Chapter 28) Cellular-Type Hemoglobin-Based Oxygen Carrier as a Resuscitative Fluid for Hemorrhagic Shock: Acute and Long-Term Safety Evaluation Using Beagle Dogs. In: Hemoglobin-Based Oxygen Carriers as Red Cell Substitutes and Oxygen Therapeutics (Editors, Hae Won Kim・A. Gerson Greenburg)  2013/12  Springer  501-526  Tatsuhiko Ikeda, Hirohisa Horinouchi, Yoraro Izumi, Hiromi Sakai and Koichi Kobayashi     
(Chapter 22) Biocompatibility of Hemoglobin Vesicles, a Cellular-Type Artificial Oxygen Carrier, on Blood Cells and Plasma Proteins In Vitro and In Vivo. In: Hemoglobin-Based Oxygen Carriers as Red Cell Substitutes and Oxygen Therapeutics (Editors, Hae Won Kim・A. Gerson Greenburg)  2013/12  Springer  385-398  Hiroshi Azuma, Mitsuhiro Fujihara and Hiromi Sakai     
詳細表示...

論文
The use of Hemoglobin-vesicles for delivering medicinal gas for the treatment of intractable disorders  Kazuaki Taguchi, Keishi Yamasaki, Hiromi Sakai, Toru Maruyama, Masaki Otagiri  Journal of Pharmaceutical Sciences  学術雑誌  共著  106/ 9, 2392-2400  2017/09    10.1016/j.xphs.2017.04.006   
Potential new non-invasive therapy using artificial oxygen carriers for pre-eclampsia  H. Ohta, M. Kaga, H. Li, H. Sakai, K. Okamura, N. Yaegashi  Journal of Functional Biomaterials  学術雑誌  共著  8/ 3, E32  2017/07    10.3390/jfb8030032   
Hidden Antioxidative Functions of Reduced Nicotinamide Adenine Dinucleotide Coexisting with Hemoglobin  Magohei Yamada, Hiromi Sakai  ACS Chemical Biology  学術雑誌  共著  12/ 7, 1820-1829  2017/07    10.1021/acschembio.7b00174   
Biocompatibility of HbV: Liposome-Encapsulated Hemoglobin Molecules-Liposome Effects on Immune Function.  Azuma H, Fujihara M, Sakai H.  Journal of Functional Biomaterials  学術雑誌  共著  8/ 3, E24  2017/06    10.3390/jfb8030024   
Acute 40% exchange-transfusion with hemoglobin-vesicles in a mouse pneumonectomy model.  Kohno M, Ikeda T, Hashimoto R, Izumi Y, Watanabe M, Horinouchi H, Sakai H, Kobayashi K, Iwazaki M.  PLoS One  学術雑誌  共著  12/ 6, e0178724  2017/06    10.1371/journal.pone.0178724   
詳細表示...

研究発表
ゲストスピーカ  Translational Research of Artificial Red Cells (Hemoglobin-Vesicles) for Oxygen and Carbon Monoxide Therapeutics  The 17th IUPAC International Symposium on MacroMolecular Complexes (MMC-17, Waseda Univ.)  2017/08/30   
学会発表  Hidden antioxidative functions of NADH coexisting with hemoglobin (BIOL 77).  The 254th ACS National Meeting (Washington DC)  2017/08/22   
学会発表  Transmembrane difference in colloid osmotic pressure affects the lipid membrane fluidity of liposomes encapsulating a concentrated protein solution (COLL 352)  The 254th ACS National Meeting (Washington DC)  2017/08/21   
シンポジウム  備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の開発  第1回日本集中治療医学会関東甲信越支部学術集会、シンポジウム2「集中治療における人工赤血球の臨床応用」  2017/07/29   
講演  備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の開発  BIO tech 2017  2017/06/28   
詳細表示...

知的財産権
特許  ヘモグロビンのメト化抑制能を有する人工赤血球  特願2016-040494  2016/03/02         
特許  小胞体の製造法  PCT/JP2012/59233  2012/04/04  WO2012137834 A1  2012/10/11     
特許  配位子置換型輸液製剤  2006-95901  2006/03/30  2007-269665A  2007/10/18  5020525  2012/06/22 
特許  メト化防止剤を含有する人工酸素運搬体  2004-309268  2004/10/25  2006-36748A  2006/02/09  4763265  2011/06/17 
特許  安定保存可能な酸素輸液剤  H11-253119    2001-72595    3,466,516  2003/08/29 
詳細表示...

受賞学術賞
向 科学技術振興財団 創立10周年記念 優秀研究  2008/11  国内 
Young Investigator Award of the International Liposome Society (London)  2006/12  国外 
平成15年度JSAO-Grant Yoshimi賞 (日本人工臓器学会)  2003/10  国内 
水野記念学術賞(早稲田大学)  1994/03  国内 
詳細表示...

担当授業科目
分析化学 
いのちのしくみ 
医用材料化学 (1年) 
医用材料化学 (2年) 
生体高分子学講義 
詳細表示...

所属学会
日本血液代替物学会 1993-現在  国内
第20回年次大会 大会長 2013/02-2014/02
理事 2008-現在
編集委員長 2008-現在
編集委員 2004-現在
日本化学会 1989-現在  国内
高分子学会 1989-現在  国内
日本人工臓器学会 1996-現在  国内
評議員 2005-現在
情報・公報委員会委員 2014/02-現在
アメリカ化学会 1996-現在  国内
アメリカ生理学会 2000-現在  国内
International Society for Oxygen Transport to Tissues (ISOTT) 2005-現在  国内
Executive Committee Member 2010-2011
International Society for Artificial Cells, Blood Substitutes, and Immobilization Biotechnology 2005-現在  国内
ISBS 2015 Scientific advisory board member 2015/04-2015/06
Scientific Advisory Board Member 2009-現在
日本バイオレオロジー学会 2005-現在  国内
日本微小循環学会 2000-現在  国内
日本輸血細胞治療学会 2005-現在  国内
日本医工学治療学会 2003-現在  国内

委員歴・役員歴
科学研究費委員会専門委員