日本語
 Faculty of Medicine / School of Medicine
 Department of Public Health, Health Management and Policy
 
顔写真 Associate Professor
akahane   manabu
Tel.0744-22-3051
Fax.0744-22-0037
Repository

Career
2000/07-2001/12  奈良県立医科大学 救急医学 助手 
2002/01-2002/02  産業技術総合研究所(関西センター)招聘研究員 
2002/03-2004/04  アメリカ国立保健衛生研究所(NIH) 
2004/05-2004/06  奈良県立医科大学 整形外科 非常勤医師 
2004/07-2007/03  国保吉野病院 整形外科 医員 
2007/04-2007/12  国保吉野病院 整形外科 医長 
2008/01-2011/12  奈良県立医科大学 健康政策医学 講師 
2012/01-2016/09  奈良県立医科大学 健康政策医学 准教授 
2016/10-Present  奈良県立医科大学 公衆衛生学 に講座名変更 

Graduate school
Nara Medical University  Doctor course  整形外科学    1998/04  Completed  Domestic   

School
福井医科大学 (現 福井大学 )  医学部    1991/03  Graduated  Domestic   

Current research field
公衆衛生学 
再生医療 
リハビリテーション医学 
医療経済 
医療経営 
ロコモティブ症候群 

Subject of research
食品防御の具体的な対策の確立と実行検証に関する研究  食品防御   
食品を介したダイオキシン類等の人体への影響の把握とその治療法の開発等に関する研究  医療・福祉・政策研究   
黄砂による日常症状に見られる健康被害に関する広域調査研究  健康影響評価・アレルギー・環境   
難治性骨折(偽関節)に対するヒト骨髄細胞シートを用いた低侵襲治療手技の開発に関する研究  再生医療実用化研究   
細胞操作技術を用いた難治性偽関節の治療法開発  再生医療実用化研究   
再生医療技術を応用した四肢の拘縮性偽関節の治療に関する研究  再生医療実用化研究   
骨性支持評価を主軸とした骨転移を有するがん患者の整形外科サーベイランス  再生医療実用化研究   
再生医療技術を用いた同種骨移植の再活性化に関する研究  再生医療実用化研究   

Research expenses
細胞外マトリックス(EMC)シートを用いた難治性為関節の低襲治療法の開発   2017-2019  Science research expense  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  文部科学研究費   
骨癒合性を付与したPEEK製脊椎インプラントの研究   2017-2019  Science research expense  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  文部科学研究費   
Development of New Assistive Technologies to Enhance Quality of Life of the Elderly  2017-2018  Others    世界保健機関WHO Assistive Technology Project,   
骨形成促進効果を持つ機能的生体材料の開発に関する基礎研究  2017-2017  Science research expense  Others  大阪大学橋渡し研究戦略的推進プログラム ACT Japan    
オリンピック・パラリンピック東京大会における食品テロ防止対策事業  2016-2018  Others    日本中央競馬会畜産振興事業   
View details...

Books
国際的イベントに向けた食品防御   2017/08/05  食品衛生研究     加藤礼識、神奈川芳行、赤羽学、今村知明     
実践! フードディフェンス 食品防御対策ガイドライン準拠  2016/01  講談社    編:今村知明、著:赤羽学、神奈川芳行、山口健太郎、池田佳代子、名倉卓、南谷怜、一蝶茂人、高谷幸、山本茂貴、鬼武一夫     
アンチ・エイジングシリーズ3 骨研究最前線  2013/10/14  株式会社エヌ・ティー・エス 刊   間葉系幹細胞を用いた種々骨再生医療   大串始、赤羽学     
『微生物コントロールによる食品衛生管理-食の安全・危機管理から予測微生物学の活用まで-』 第1編 食品衛生管理と食の安全 第6章「フードディフェンスという概念」  2013/01  株式会社エヌ・ティー・エス 刊     神奈川芳行、赤羽学、今村知明     
現場で役立つ食品ハンドブック キーワード365プラス100    2012  日本食糧新聞社  フードディフェンス p83  監修(米虫節、加藤光夫、富島邦雄) 分担執筆:赤羽学     
View details...

Papers
カネミ油症におけるダイオキシン類の排出速度研究の進展   松本伸哉、赤羽学、神奈川芳行、梶原淳睦、三苫千景、内博史、古江増隆、今村知明   福岡医学雑誌  Academic Journal  Joint  108/ 3, 70-75  2017       
Lifestyle factors are significantly associated with the locomotive syndrome: A cross-sectional study   Manabu Akahane, Shingo Yoshihara, Akie Maeyashiki, Yasuhito Tanaka, Tomoaki Imamura   BMC Geriatrics   Academic Journal  Joint  17/ 1, 241  2017  1471-2318     
Denosumab may increase the risk of local recurrence in patients with giant cell tumor of bone treated by curettage   Costantino Errani, Shinji Tsukamoto, Giulio Leone, Alberto Righi, Manabu Akahane, Yasuhito Tanaka  The Journal of Bone & Joint Surgery  Academic Journal  Joint    2017       
Implantation of Bone Marrow Stromal Cell Sheets Derived from Old Donors Supports Bone Tissue Formation  Akahane, Manabu Shimizu, Takamasa Inagaki, Yusuke Kira, Tsutomu Egawa, Takuya Okuda, Akinori Onishi, Tadanobu Imamura, Tomoaki Tanaka, Yasuhito  Tissue Engineering and Regenerative Medicine  Academic Journal  Joint  1-12  2017  1738-2696     
Modifying oxygen tension affects bone marrow stromal cell osteogenesis for regenerative medicine  Yusuke Inagaki, Manabu Akahane, Takamasa Shimizu, Kazuya Inoue, Takuya Egawa, Tsutomu Kira, Munehiro Ogawa, Kenji Kawate, and Yasuhito Tanaka  World Journal of Stem Cells  Academic Journal  Joint  9/ 7, 98-106  2017       
View details...

Research presentations
Conference presentation  生活習慣はロコモティブシンドロームと関連する   第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会  2017/10/28   
Conference presentation  脊髄間葉系細胞と神経幹・前駆細胞の共培養細胞シート移植による完全離断脊椎損傷ラットの軸索再生と祭髄鞘化   第32回日本整形外科学会基礎学術集会  2017/10/26   
Conference presentation  殺細胞処理骨形細胞シートに残存する細胞外マトリックスの評価とラット重度骨折モデルへの同種移植における骨癒合促進効果  第32回日本整形外科学会基礎学術集会   2017/10/26   
Conference presentation  Association between anesthetic agents and early surgical site infection after total knee arthroplasty: analysis using Japanese nationwide database    21st International Epidemiological Association (IEA)  2017/08   
Conference presentation  ナノコーテイング技術により骨形成能を促進した人工靭帯への基礎研究  第128回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会  2017/04/07   
View details...

Intellectual property rights
Patent  繊維状人工骨及びその製造方法  2015-004           
Patent  ケイ酸ストロンチウムアパタイトとこれを含んでなる細胞培養基材および生体活性インプラント  2016-008  2016/10/29         
Patent  プラスチック基材にアパタイトをコーティングする方法及びインプラントの製造方法  2015-006  2016/09/09         
Patent  インプラントとその製造方法  2014-016  2015/03/20        2017/03/23 
Patent  インプラント及びその製造方法  2014-017  2015/03/20        2015/03/23 
View details...