English
 医学部 医学科
 病原体・感染防御医学
 
講師
王寺   幸輝
ouji yukiteru

リポジトリへのリンク

研究分野
分子生物学 
細胞生物学 
発生生物学 
形成外科学 

キーワード
細胞工学、細胞生物学、生体医工学、遺伝子工学 

研究テーマ
胚性幹細胞に関する研究  ES細胞、分化、遺伝子工学、分子生物学  2001-2003 
免疫細胞を利用した組織再生に関する研究  幹細胞、遺伝子工学、免疫細胞  2004-2006 
感覚神経細胞の分化に関する研究     
免疫細胞を利用した再生医学に関する研究     
肝臓のサイトカインと免疫     
皮膚組織幹細胞に関する研究  stem, niche, follicle  2004- 

著書
慢性肝障害モデルにおけるマウス胚性幹細胞の分化に関する基礎的検討\n消化器病学の進歩2005 消化器病学のニューフロンティア, 荒川泰行編,  2005  日本消化器病学会発行         
【消化管寄生虫症の最近の話題】 回虫症・アニサキス症・旋尾線虫症  2006  G.I.Research         
Derivation and characterization of hepatocytes from embryonic stem cells in vitro  2006  Methods Mol Biol.         
詳細表示...

論文
Suppression of apoptosis in hepatocytes by fructose-modified dendrimers.    J. Biomed. Mater. Res.  学術雑誌    54, 519-524.  2001       
Polyethyleneimine/Chitosan Hexamer-Mediated Gene Transfection into Intestional Epithelial Cell Cultured in Sorum-Containing Medium (共著)    Journal of bioscience and bioengineering  学術雑誌    94, 81-83  2002       
Capillary electrophoresis with chemiluminescent detection for luminol using potassium ferricyanide as a catalyst.    Anal. Sci.  学術雑誌    17, 1003-1005.  2001       
Direct Observation of Extraction of Cu(Ⅱ) into Microcapsules Containing 8-Quinolinol by Use of Capillary and Cemiluminescence Detection (共著)    Chemistry Letters  学術雑誌    528-529  2001       
Direct Observation of Extraction of Cu(II) into Microcapsules Containing 8-Quinolinol by Use of Capillary and Chemiluminescence Detection.    Chem. Lett.  学術雑誌    6, 528-529.  2001       
詳細表示...

研究発表
  CE-化学発光検出器において金属錯体触媒を標識剤に用いる免疫分析法の検討  日本化学会  1998   
  キャピラリ―電気泳動を用いる生体成分と金属錯体の相互作用  日本化学会  1998   
  N-ビニルベンジルイミノ二酢酸修飾キャピラリ―の調整と分析化学的利用法の検討  日本化学会  1999   
  化学発光検出によるマイクロカプセル金属抽出挙動の観測  日本化学会  1999   
  イミノ二酢酸部位修飾キャピラリ―を用いたクロマトグラフィーおよび電気泳動法の開発  日本化学会  2000   
詳細表示...