English
 医学部 医学科
 病原体・感染防御医学
 
教授
吉川   正英
yoshikawa masahide

リポジトリへのリンク

職歴
1982-1984  奈良県立医科大学 研修医 
1984-1986  奈良県立奈良病院 内科医員(消化器内科) 
1986-1988  Tonto Mount Sinai Hospital,Research Fellow 
1989-1990  奈良県立医科大学 非常勤医員 (消化器内科) 
1990-1998  奈良県立医科大学 助手(病態検査学・消化器内科) 
1998-2007  奈良県立医科大学 助教授(寄生虫学) 
2007-2011  奈良県立医科大学 准教授(寄生虫学) 
2011-現在  奈良県立医科大学 教授(病原体・感染防御医学) 

出身学校
奈良県立医科大学  医学部  医学科  1982  卒業  国内   
Nara Medical University  Faculty of Medicine    1982  卒業  国内   

免許・資格
認定内科医     
綜合内科専門医     
消化器病学会専門医・指導医      
肝臓学会専門医・指導医     
消化器内視鏡学会専門医・指導医     
産業医     

研究分野
臨床寄生虫学(含衛生動物学) 
消化器内科学 
発生生物学 
神経解剖学・神経病理学 

キーワード
① 臨床寄生虫病学の実践と継承および“寄生虫症もわかる医師”の育成。
② ES細胞等幹細胞の関連研究.
③ 輸入感染症あるいは熱帯感染症に関する臨床研究 

研究テーマ
臨床寄生虫学の継承と人材育成  臨床寄生虫学  2006-  世界には蔓寄し、わが国でも様態を変えなお存在する寄生虫疾患への意識の希薄化を防ぐため医学教育、医師卒後研修、学会活動を通じて臨床寄生虫学の啓蒙にあたる。
ES細胞から内耳有毛細胞への分化  ES細胞 内耳有毛細胞  2009- 
ES細胞から神経系細胞への分化誘導    2002-  ES細胞を神経幹細胞・ドーパミン産生細胞へ分化誘導し、脊髄損傷・パーキンソン氏病等に対する細胞移植治療を目指す
ES細胞から消化器系内胚葉細胞への分化    2001-  ES細胞を肝細胞・インスリン分泌細胞へ分化させること、およびES細胞を用いた肝硬変・糖尿病治療を目指す
胆汁酸と免疫ーUDCAの免疫調節作用ー  胆汁酸、原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎、ウルソデオキシコール酸  1989-1998 
C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法  C型慢性肝炎、ンターフェロン治療  1990-1998 

共同・受託研究実績
寄生虫疾患情報の電子化に関する研究(共同研究)      2007-現在       
ES細胞由来神経幹細胞の脳室内投与療法の開発-脳出血モデルでの検討-      2004-2005       
マウス胚性幹細胞の肝細胞への効率的分化誘導―細胞移植治療にむけてー      2002-2004       
ウルソデオキシコール酸の免疫系に及ぼす影響      1989-1994       
詳細表示...

研究費
多能性幹細胞を用いた内耳有毛細胞の創生から細胞移植治療へ  2016-2020  科学研究費  基盤研究(B)一般  科学研究費   
In vitro内耳発生システムの開発とWntシグナルによる内耳発生機序の解明  2013-2014  科学研究費  挑戦的萌芽研究  科学研究費   
ES細胞由来内耳有毛細胞の効率的誘導ー細胞移植による聴覚機能回復にむけてー  2010-2012  科学研究費  基盤研究(B)一般  科学研究費   
サルES細胞から内耳有毛細胞の効率的なin vitro分化誘導法の開発  2009-2010  科学研究費  挑戦的萌芽研究  科学研究費   
ES細胞および骨髄間質幹細胞の脳内共同移植療法の開発-脳出血モデルでの検討-  2007-2008  科学研究費  基盤研究(C)一般  科学研究費   
詳細表示...

著書
nduction of Inner Ear Hair Cells from Mouse Embryonic Stem Cells In Vitro.  2016  Methods Mol Biol , Humana Press Inc. (New York, USA)  257-267  Yoshikawa M, Ouji Y     
Maintenance of Dermal Papilla Cells by Wnt-10b In Vitro.  2016  Methods Mol Biol , Humana Press Inc. (New York, USA)  269-277  Ouji Y, Yoshikawa M     
Maintenance of Skin Epithelial Stem Cells by Wnt-3a In Vitro.  2016  Methods Mol Biol , Humana Press Inc. (New York, USA)  279-288  Ouji Y, Yoshikawa M     
動物由来回虫による幼虫移行症  2017  寄生虫症薬物治療の手引き2017(改訂第9.2版), 熱帯病治療薬研究班  69-71       
糞線虫症、アニサキス症、顎口虫症、幼線虫移行症  2017  内科学代11版、朝倉書店  355-356       
詳細表示...

論文
Ocular Gnathostomiasis—Update of Earlier Survey  Yukifumi Nawa, Masahide Yoshikawa, Kittisak Sawanyawisuth, Verajit Chotmongkol, Sandra Fernández Figueiras, Maria Benavides and Sylvia Paz Diaz Camacho  Am J Trop Med Hyg  学術雑誌  共著  in press  2017    https://doi.org/10.4269/ajtmh.17-0133   
Development of Delayed Hemolytic Anemia after Treatment with Oral Artemether-Lumefantrine in Two Patients with Severe Falciparum Malaria  1. Tsuchido Y, Nakamura-Uchiyama F, Toyoda K, Iwagami M, Tochitani K, Shinohara K, Hishiya N, Ogawa T, Uno K, Kasahara K, Ouji Y, Kano S, Mikasa K, Shimizu T, Yoshikawa M, Maruyama H.  Am J Trop Med Hyg.  学術雑誌  共著  96, 1185-1189  2017       
抗原・抗体反応を利用した寄生虫検査  王寺幸輝、吉川正英  Medical Technology  学術雑誌  共著  45/ 6, 617-622  2017       
Tumor-inhibition effect of levetiracetam in combination with temozolomide in glioblastoma cells.  3. Marutani A, Nakamura M, Nishimura F, Nakazawa T, Matsuda R, Hironaka Y, Nakagawa I, Tamura K, Takeshima Y, Motoyama Y, Boku E, Ouji Y, Yoshikawa M, Nakase H.  Neurochem J.  学術雑誌  単著  11, 43-49  2017       
Ancylostoma ceylanicum hookworm infection in Japanese traveler who presented chronic diarrhea after return from Lao People's Democratic Republic.  2. Kaya D, Yoshikawa M, Nakatani T, Tomo-Oka F, Fujimoto Y, Ishida K, Fujinaga Y, Aihara Y, Nagamatsu S, Matsuo E, Tokoro M, Ouji Y, Kikuchi E.  Parasitol Int.  学術雑誌  共著  65, 737-740  2016       
詳細表示...

その他研究業績
胚性幹細胞移植による肝繊維化治療  2004-現在  その他     
マウス胚性幹細胞を用いたパーキンソン氏病モデルラットの治療  2001-現在  その他     
トリ初期胚網膜を用いたマウスES細胞の神経網膜細胞への分化誘導  2002-2004  その他     
C型慢性肝炎に対するIFN治療に関する臨床研究  1990-1998  その他     
詳細表示...

受賞学術賞
日本肝臓学会奨励賞  1993  国内 
ウルソ賞  1994  国内 
日本唾液腺学会奨励賞  2003  国内 
詳細表示...