English
 医学部 医学科
 病理病態学
 
教授
小西   登
konishi noboru

Tel.0744-22-3051
Fax.0744-23-5687

個人ウェブサイトはこちら
リポジトリへのリンク

出身学校
奈良県立医科大学  医学部  医学科  1981  卒業  国内   
Nara Medical University  School of Medicine    1981  卒業  国内   

免許・資格
医師免許証     
死体解剖資格認定     
日本病理学会 病理専門医     
日本病理学会 病理専門医研修指医     
日本臨床細胞学会 細胞診専門医     

教育・研究活動状況
前立腺癌は欧米において男性癌罹患率・死亡率の上位を占める悪性腫瘍である。日本でも近年、食生活の欧米化と高齢化に伴い前立腺癌の罹患率・死亡率が急速な増加を示している。PSA(prostatic specific antigen)の普及により早期に前立腺癌が発見されるようになったものの、進行癌や内分泌療法抵抗性を獲得した前立腺癌は、現在のところ有効な治療法が確立されていない。本研究は、前立腺癌の治療ならびに予後診断の標的分子を探索する目的で、発現遺伝子の解析を行っている。現在までにProstate cancer antigen-1(PCA-1)をクローニングするとともに、既知の遺伝子での解析を通して、前立腺癌の発生、進展と転移のメカニズムを解明し、治療上のターゲットとなる分子を探究している。   

研究分野
人体病理学 
実験病理学 

キーワード
人体病理学,実験病理学,泌尿器病理,前立腺癌 

研究テーマ
ヒト前立腺癌の遺伝子異常に関する研究  前立腺がん   
ヒト泌尿器系腫瘍の生物学的特微  泌尿器系腫瘍   
腫瘍発生に関わる新規遺伝子のクローニング  PCA-1   

共同・受託研究実績
ヒト前立腺癌における遺伝子検索とその応用      2000-2001       
Promoter hypermethylation of multiple genes in human cancer and its application to therapy      2002-2004       
LARのヒト甲状腺腫瘍における発現とその応用      1999-2001       
Study on identification and application of a novel cancer-associated gene PCA-1 in human prostate carcinoma      2004-2005       
がんゲノム異常の検討      1998-2003       
詳細表示...

著書
病理と臨床【臨時増刊号】vol.34 第2部 癌の分子病理学 B臓器癌 16. 腎盂・尿管・膀胱癌  2016  文光堂  168-174  小西 登、島田啓司、藤井智美     
新前立腺癌学ー最新の基礎研究と診断・治療ー Ⅷ. 前立腺癌の検査・診断  病理検査 分子病理学的アプローチにおける基礎的検討  2016/05/20  日本臨床  402-406  藤井智美、島田啓司、辰巳佳弘、小西 登     
特集2 前立腺肥大症・前立腺炎の動物モデル 1. ヒト前立腺肥大症の病理  2016/04  医学図書出版株式会社  205-209  小西 登, 藤井智美, 辰巳佳弘     
病理と臨床 Vol.34 臨時増刊号 癌の分子病理学 病理診断から治療標的探索まで 第2部 B臓器癌 16. 腎盂・尿管・膀胱癌  2016/04/05  文光堂  168-174  小西 登、島田啓司、藤井智美     
最新医学 第67巻/第3号 特集 がんの分子病理診断   -免疫染色と遺伝子診断の進歩-  2012  最新医学社  413-418  小西 登、島田啓司     
詳細表示...

論文
超高齢者に認めた小腸原発扁平上皮癌の1例  水野龍義, 森本有加里, 藤田泰三, 高井英子, 中野知幸, 鶴井裕和, 蜂須賀 崇, 森田敏裕, 北野 悟, 小西 登, 高井重郎  癌と化学療法  学術雑誌  共著  43/ 12, 1845-1847  2016/11       
早期胃癌の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)後に腹部超音波検査で発見した肝細胞癌の1例  水野龍義, 森本有加里, 藤田泰三, 高井英子, 中野知幸, 鶴井裕和, 蜂須賀 崇, 森田敏裕, 北野 悟, 小西 登, 高井重郎  癌と化学療法  学術雑誌  共著  43/ 12, 1785-1787  2016/11       
Keratin 19 as a key molecule in progression of human hepatocellular carcinomas through invasion and angiogenesis  Takano M, Shimada K, Fujii T, Morita K, Takeda M, Nakajima Y, Nonomura A, Konishi N, Obayashi C.  BMC Cancer  学術雑誌  共著  16/ 1, 903  2016/11    10.1186/s12885-016-2949-y   
前立腺PIA (prliferative inflammatory atrophy)における癌化メカニズム  藤井智美、島田啓司、辰巳佳弘、藤本清秀、小西 登  泌尿器外科  学術雑誌  共著  29/ 8, 1215-1217  2016/08       
Insignificant role of bacillus Calmette-Guérin maintenance therapy after complete transurethral resection of bladder tumor for intermediate- and high-risk non-muscle-invasive bladder cancer: Results from a randomized trial.  Nakai Y, Anai S, Tanaka N, Chihara Y, Haramoto M, Otani T, Nakagawa Y, Hirao Y, Konishi N, Fujimoto K  Int J Urol.  学術雑誌  共著    2016/07    10.1111/iju.13167   
詳細表示...

研究発表
学会発表  前立腺直腸診後尿における5-アミノレブリン酸による光力学診断の癌マーカーとしての有用性  第32回前立腺シンポジウム  2016/12/11   
学会発表  TRAMPマウスにおけるEquolの発癌抑制効果の検討  第32回前立腺シンポジウム  2016/12/10   
学会発表  妊娠27週目に解離性大動脈瘤破裂を発症した1例  第62回日本病理学会秋期大会特別総会  2016/11/11   
学会発表  Equol, a Metabolic Converted from Daidzein by Enterobacteria, Has Chemopreventive and Inhibitory Effects Against Prostate Cancer  36th Congress of the Société Internationale d’Urologie (SIU)  2016/10/20   
学会発表  Syndecan-1 up-regulates microRNA-331-3p and mediates epithelial-to-mesenchymal transition in prostate cancer.  ESMO2016  2016/10/09   
詳細表示...

受賞学術賞
奈良県立医科大学学術研究助成賞  1995  国内 
第7回前立腺がんワークショップ医学賞  1996  国内 
詳細表示...

教育実績
夏期病理診断セミナー(夏の学校)  2012-2012   
第52回日本病理学会近畿支部学術集会  2011-2011   
第10回泌尿器細胞診カンファレンス  2011-2011   
第37回尿路悪性腫瘍研究会  2010-2010   
平成記念病院病理カンファレンス  2009-2011   
詳細表示...

教科書・教材
病理診断 コンパクトナビ  2012   
自己評価型 病理学ノート  2011   
ロビンス&コトラン病理学アトラス  2009   
解明病理学  2009   
イラストとエッセンス わかる病理学 第2版  2007   
詳細表示...

社会活動
奈良県産学官共同研究拠点事業運営委員会  2011/02/28-2013/03/31   
奈良県地域イノベーション創出研究推進会議委員  2010/07/09-2011/03/31   
日本学術振興会:科学研究費委員会専門委員  2009/12/01-2011/11/30   
日本学術振興会:特別研究員等審査会専門委員および国際事業委員会書面審査員  2006/08/01-2008/07/31   
病理と臨床 編集委員  2006/04/01-2009/03/31   
詳細表示...

所属学会
日本癌学会 1981-現在  国内
評議員 -現在
日本病理学会 1983-現在  国内
評議員 -現在
アメリカ癌学会 1989-現在  国外
日本泌尿器科学会 1989-現在  国内
日本臨床細胞学会 1991-現在  国内
日本口腔外科学会 1992-現在  国内

委員歴・役員歴
Pathol. Int.(編集委員)、Jpn.J.Clin.Oncol.(編集委員)、病理と臨床(編集委員)、科学研究費委員会専門委員、特別研究員審査会専門委員、日本病理学会教育委員会委員、日本病理学会専門医試験委員、前立腺癌取扱い規約作成委員、日本癌学会学術委員、前立腺シンポジウム運営委員、日本臨床細胞学会奈良県支部長、日本病理学会病理専門医資格審査委員長